スロージョギングの走り方                                     〜 おしゃべりしながら走れるペースで!〜

ポイント1 背筋を伸ばす!

背筋を伸ばすと、足が上がりやすくなります (^O^)/

これは、大腰筋(背中と足をつないで太ももを上げる役割をする)が、

動きやすくなるためです。

ポイント2 やや前傾姿勢で!

体を少し前傾させれば、足を前に踏み出そうとしなくても、

上げた足を地面に置くだけで足が前に出るので、疲れずに前進できます♪

ポイント3 足は蹴らずに地面を押すだけ!

足を蹴り上げると、速筋を使ってしまい疲れる原因になってしまいます。

スロージョギングは、足の裏全体で地面を押すくらいの感覚でOKなのです!

ポイント4 ニコニコとおしゃべりしながら♪

スロージョギングは、ニコニコとおしゃべりができるペースで走ってくださいね♪

お話ができないほど息が上がってしまうのは、速過ぎる証拠です。

ペースダウンをしましょうね(*^_^*)

ポイント5 途中で歩いてもOKで〜す!

つい速く走って息が上がってしまったら、歩いてもOKで〜す!

息が整ったら、前よりもペースを落として再び走りましょう o(^▽^)o

足腰をいたわるためには・・・

体を上下に大きく動かして走ると、足が着地した時の衝撃が大きくなり、

腰やひざを痛めやすくなります。

これを防ぐには、「歩幅」着地の「音」が小さくなるように走ることを意識してくださいね。

自然に体の上下動が抑えられ、足腰にやさしい走り方になります。


「ためしてガッテン」の実験では、初心者の足の着地には195kgの力がかかりましたが、

「歩幅」と「音」に気をつけたところ、足にかかる力が140kgになり、30%も軽減されました。

また、歩幅を狭く、音を小さくしたところ、体の上下動も小さくなりました。

スロージョギングの走り方のコツですね♪