【スロージョギング 健康法】のお役立ち情報をご紹介しています!

スロージョギング 健康法

超楽チン♪

『歩く速度』でゆっくり走るだけ!



『NHK ためしてガッテン』で紹介されています。

ジョギングはダイエットや減量、脱メタボにも効果は抜群!

でも、「走るのはツライから私にはムリ、出来ない…」と思い込んでいる人も多いハズ。

実は、『歩くくらいの速さ』超ゆっくりペースでいいんです。

誰にでも楽に走れて、おまけにボケ防止にもなるとのことです。



このサイトは、『NHK ためしてガッテン』で紹介され、

注目されている「スロージョギング 健康法」をガッテン流スロージョギングで、

スロージョギングの走り方や効果を動画なども使って紹介し、

健康と脱メタボリックを目指す方を応援します♪



さぁ、あなたも『スロージョギング 健康法』を始めてみましょう!


準備運動や体の柔軟性は大切です!
>>>ストレッチングボード

雨降りの日のおすすめです!
>>>スローステップ 健康法



ゆっくり走るだけで、長〜く走れるんです!

スロージョギングの基本中の基本は、

とにかく「ニコニコとおしゃべりをしながら走れるペースを保つこと」です。

このペースなら、「速筋」を使わず「遅筋」だけで走ることができるので、疲れずに走れます。


また、心拍数も上がりすぎないので、心臓や血管への負担も少なくなります。

つまり、「楽しく、ラク〜に走る」ことが可能になり、体に無理がなく、

長〜く続けられるという最大のメリットにつながっているのです!


遅筋だけで走れる速度は、40代なら時速4〜5km以下が目安となります。

ちょうど、歩くくらいの速さです。初心者はついペースが速くなりがちですが、

スロージョギングの走り方』を参考に、「ニコニコペース」をキープしてくださいね。

スロージョギングは革命的な生涯スポーツです♪

ジョギングは減量やメタボリック対策に有効な有酸素運動ですが、

苦しくてキツイ運動だとも思われています。

ましてや、高齢者の方や持病のある方にはもってのほかだというのが従来の常識でした。


ところが、ゆっくり走って運動の強度を下げれば、高齢者や運動経験のない人でも走れるとのことです。

検証を重ねた結果、乳酸の量を安静時に近い値に抑えれば誰でも楽に走れること、

そしてそんな楽な運動でも続ければ、長く速く走れるようになるなど、

身体能力が高まることもわかってきました。


減量効果が高いのも楽チンだからこそ♪

ラクなら長く走れるからです。いわゆる、『プラスの連鎖』ですね。


体脂肪は例えればエネルギーの貯金です。

財布の小銭を少しずつでも使えば、次にお札を崩し、お札がなくなれば貯金を下ろしますよね。

ゆっくり走ってエネルギーを使えば体脂肪も確実に減っていくわけです。


スリム・ダイエット対策なら1日30分、

メタボ解消にはできたら40〜60分スロージョギングを行ってください!


一度に時間が確保できない場合は、1日に何回かに分けて行っても効果はありますよ〜♪

※スロージョギングを行う上での注意点※

●糖尿病や高血圧で治療中の方は、医師や専門家に相談のうえ、実施して下さい。

●ひざに炎症のある方は、実施してみて痛みが出るようなら、行わないでください。

●足腰に不安のある方は、決して無理をせず、ゆっくりとしたペースを守ってください。